« 暮らしの場「命を守る」一人一人のお年寄りに傾ける心・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 昨季あと一歩届かなかったリーグ優勝、パ・リーグ開幕・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

地球環境の成り立ちと行く末を読み解く手掛かりが秘められている・・・ 河北春秋 八葉蓮華

 金星は「地球の双子星」と言われる。大きさや太陽からの距離があまり変わらないからだ。ただ、厚い二酸化炭素に覆われ、地表は460度の灼熱(しゃくねつ)の世界。空には硫酸の雲が浮かぶ

 最大の謎は秒速100メートルの暴風が吹き荒れていること。風速は自転速度の60倍に上る。なぜそれほど速いのか、気象学的には全く説明できないという。そんな大気の謎の解明に、日本が世界に先駆けて挑む  

 宇宙航空研究開発機構が初の金星探査機「あかつき」を5月18日に打ち上げることを決めた。計画通りなら約半年かけて金星にたどり着き、地表からの高さ300~8万キロの楕円(だえん)軌道上を周回する

 厚い雲を突き抜けて地表までとらえる赤外線カメラや、高い所の大気の状態を見る紫外線カメラを搭載するほか、大気温度の測定も実施し、暴風の原動力を探る。火山活動や雷の有無も調べる  

 雷用のカメラの開発には東北大も加わった。毎秒5万こまの高速撮影が可能で、夜の時間帯に観測する。雷が発生しているかどうかは20年以上も論争が続く。ようやく決着がつきそうだ

 金星と地球はなぜ異なる運命をたどったのか。気候の仕組みはどう異なるのか。「そこに地球環境の成り立ちと行く末を読み解く手掛かりが秘められている」と宇宙機構。金星研究に暁をもたらすか。

 河北春秋 河北新報 2010年3月17日  創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

|

« 暮らしの場「命を守る」一人一人のお年寄りに傾ける心・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 昨季あと一歩届かなかったリーグ優勝、パ・リーグ開幕・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

「河北春秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153341/33908817

この記事へのトラックバック一覧です: 地球環境の成り立ちと行く末を読み解く手掛かりが秘められている・・・ 河北春秋 八葉蓮華:

« 暮らしの場「命を守る」一人一人のお年寄りに傾ける心・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 昨季あと一歩届かなかったリーグ優勝、パ・リーグ開幕・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »