« 姓名「選択」人生いろいろ、夫婦もいろいろ。・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 「百貨」は集客の看板たり得ず、消費の多様化の前で巨象があえぐ・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

ラフマニノフの前奏曲、自分の「鐘」を堂々と打ち鳴らし・・・ 河北春秋 八葉蓮華

 音楽も大きな要素であるフィギュアスケート。選曲が演技の成否に直結すると言ってもよいだろう。今季、ファンを最も驚かせたのは浅田真央選手だったかもしれない

 フリーの音楽はラフマニノフの前奏曲「鐘」。暗く、重苦しい雰囲気に満ちた曲は「真央ちゃん」のイメージと懸け離れている。振り付けではこれまでの方向を大きく転換する力強い表現も求められた  

 昨年秋、スケート人生最大のスランプに陥ったのは、この曲をこなせなかったことが原因という。曲目変更も検討される中、本人は信念を曲げなかった。「まだ完ぺきにできていない」

 復調して迎えたバンクーバー五輪。浅田選手が銀メダルを獲得した。絶好調の金妍児(キムヨナ)選手(韓国)との激しい戦い。頂点には一歩届かなかったものの、自分の「鐘」を堂々と打ち鳴らした。代名詞の3回転半ジャンプも2回決めた  

 「ミスがあり演技には全然満足していないけれど、自分の今できることはすべてやった」。悔しさに涙は止まらなかったが、攻めのスケートを貫き通した誇りを感じさせた

 限界に挑戦し、乗り越えてきた浅田選手。大胆な選曲は表現者としてのスケールを一回り大きくした。まだ19歳。同い年のライバル金選手とは、今後もしのぎを削っていくことになろう。雪辱の時はきっと来る。

 河北春秋 河北新報 2010年2月27日  創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

|

« 姓名「選択」人生いろいろ、夫婦もいろいろ。・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 「百貨」は集客の看板たり得ず、消費の多様化の前で巨象があえぐ・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

「河北春秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153341/33636146

この記事へのトラックバック一覧です: ラフマニノフの前奏曲、自分の「鐘」を堂々と打ち鳴らし・・・ 河北春秋 八葉蓮華:

« 姓名「選択」人生いろいろ、夫婦もいろいろ。・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 「百貨」は集客の看板たり得ず、消費の多様化の前で巨象があえぐ・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »