« 半世紀を経て再び「津波」南米チリ沿岸地震・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 大丈夫との勝手な判断「遠地津波」は、対応が難しい・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

「冬のサーカス」あこがれを大切にはぐくみ、次につなげる・・・ 河北春秋 八葉蓮華

 「大人になった時のいい思い出ができました」。一人の少年の言葉に作家の沢木耕太郎さんは考えた。「オリンピックとは、選手と、そして子どものためにあるべきもの」だと

 長野冬季五輪を取り上げた『冬のサーカス』に書いている。子どもたちに強烈な印象を残し、五輪へのあこがれが深く胸に刻まれる。そうして4年後、8年後の選手が生まれてきた  

 きのう閉幕したバンクーバー冬季五輪。テレビが映し出す熱戦は子どもたちにどんな思い出をもたらしただろう。最後に銀メダルに輝いたスピードスケート女子団体追い抜きのあの決勝戦も、きっと心の引き出しにしまい込まれたはずだ

 100分の2秒。まばたき一つの差が分けた勝負の過酷さ。手を携えて表彰台に飛び乗った田畑真紀選手、穂積雅子選手、小平奈緒選手の姿に喜びと悔しさが交錯する胸の内がにじんだ  

 必要なのは飛び抜けた強さではなく、3人の力の相乗効果。瞬発力と持久力の程よいバランス。戦術と駆け引き。ひたすら速さを競う個人種目とは一味違う競技の魅力は、人生にも通じそうな含蓄がある

 控えで支えた15歳の高木美帆選手の存在に刺激を受けた子もいよう。あこがれを大切にはぐくみ、次につなげる支援体制が欲しい。4年に1度だけの熱狂に終わらせることなく。

 河北春秋 河北新報 2010年3月2日  創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

|

« 半世紀を経て再び「津波」南米チリ沿岸地震・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 大丈夫との勝手な判断「遠地津波」は、対応が難しい・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

「河北春秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153341/33677162

この記事へのトラックバック一覧です: 「冬のサーカス」あこがれを大切にはぐくみ、次につなげる・・・ 河北春秋 八葉蓮華:

« 半世紀を経て再び「津波」南米チリ沿岸地震・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 大丈夫との勝手な判断「遠地津波」は、対応が難しい・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »