« 「コミュニティーカフェ」人と人が心地よくつながる場の力に、地域再生の可能性・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 窮屈な制約の下で全体を意味、時の話題もさらりと織り込む・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

「ザ・コーヴ」映画が世界的に評価されれば、捕鯨やイルカ漁への疑問は増幅される・・・ 河北春秋 八葉蓮華

 「わたしは海に、巨大な生あるものの肉体を感じとる。海は海人(かいじん)。海の肉体。疑いなく、それはある」。作家の赤江瀑さんは随筆に書いている

 海自体が生命体だという感覚は、何となく分かる。人知をはるかに超えた力を持つ。世界の気候さえ左右し、豊かな生態系をはぐくむ。地球上のすべての生命の生みの親でもある  

 そんな海の生物を主題にした2本のドキュメンタリー映画が話題になっている。『オーシャンズ』(ジャック・ペラン氏ら共同監督)は世界50カ所で鯨など約100種を撮影した。神秘的な生態や過酷な生存競争を描く

 波打ち際でオタリアの子を捕食するシャチ、ふ化したウミガメに襲いかかるグンカンドリの群れ。人間がかかわる場面もある。漁でひれを切り取られ、海底でもがくサメの姿はやるせない  

 『ザ・コーヴ』(ルイ・シホヨス監督)は和歌山県太地町のイルカ漁を隠し撮りして批判的に描き、米アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞した。モリで突き、海が血で染まる場面も。地元は「伝統文化への中傷」と反発する

 海の生物、殊に哺乳(ほにゅう)類に愛情を注いだ映画が世界的に評価されれば、捕鯨やイルカ漁への疑問は増幅される。「食文化の継承」「捕鯨による魚資源の保護」の訴えは、一層理解を得にくくなるかもしれない。

 河北春秋 河北新報 2010年3月13日  創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

|

« 「コミュニティーカフェ」人と人が心地よくつながる場の力に、地域再生の可能性・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 窮屈な制約の下で全体を意味、時の話題もさらりと織り込む・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

「河北春秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153341/33834418

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・コーヴ」映画が世界的に評価されれば、捕鯨やイルカ漁への疑問は増幅される・・・ 河北春秋 八葉蓮華:

« 「コミュニティーカフェ」人と人が心地よくつながる場の力に、地域再生の可能性・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 窮屈な制約の下で全体を意味、時の話題もさらりと織り込む・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »