« 調査捕鯨「鯨肉の密輸」監視態勢の不備、実態の解明・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 地元を元気にする「おいしい水」うまいと感じられる・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

二者択一「イエスかノー」問いを突きつける側の力の優位・・・ 河北春秋 八葉蓮華

 「イエスかノーかで答えてください」。質問者が声高に迫る。最近の国会論戦でよく目にする光景だ。米国流ディベート術が源流なのだろうが、正直、どうにもなじめない

 学生たちの間でディベートの技術がクローズアップされたのが四半世紀前ぐらいのことか。イエス・ノーを明確に意思表示できないなら論者失格。今や東西問わず論戦の技術にたけた層が、社会の中枢を担う  

 代表格は、米ブッシュ政権の国務長官コンドリーザ・ライスさんか。パレスチナ和平で「暫定政府を支持するか、武装勢力ハマスの味方か」と、周辺国に二者択一を迫り、誇り高きアラブの高官をして「あの言い草はない」と負け惜しみを言わせた

 迷っていては結論が先送りされるばかり。政治でも経済でも、迅速な意思決定のためイエス・ノーを明確化するのは21世紀流の要請だろう  

 だがこの論法、初めに結論ありきの性格はぬぐえない。問いを突きつける側の力の優位が前提になっていることも多そうだ。ぐずぐずするな、ノーというなら分かっているな。言外にあるメッセージは、かなり強力だ

 コインの表裏を10回続けて言い当てることができるのは、確率上1000人に1人も居ない。二者択一の局面を切り開き続け、長い人生に向き合えるほど、人間は強くはできていない。

 河北春秋 河北新報 2010年4月18日  創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

|

« 調査捕鯨「鯨肉の密輸」監視態勢の不備、実態の解明・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 地元を元気にする「おいしい水」うまいと感じられる・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

「河北春秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153341/34358484

この記事へのトラックバック一覧です: 二者択一「イエスかノー」問いを突きつける側の力の優位・・・ 河北春秋 八葉蓮華:

« 調査捕鯨「鯨肉の密輸」監視態勢の不備、実態の解明・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 地元を元気にする「おいしい水」うまいと感じられる・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »