« いらだちを深める社会の空気、イライラがまん延する世の中・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 「話し合って考える」多文化共生社会を生きるために・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

選抜大会は青森勢にとって鬼門「出げいこ」あこがれの地を見て・・・ 河北春秋 八葉蓮華

 学校が春休みのこの時季、東北の高校球児が所属する学校の中には温暖な地域に遠征するチームが少なくない。雪国の青森県内でもグラウンドが使えず、練習試合が組めないチームなどが県外への「出げいこ」を実施している

 県高校野球連盟によると、加盟75チームのうち14校が関東や関西などに遠征を計画。県南にあるチームの監督を務めている知人に聞いたら、関西と四国方面に5泊6日で出掛け、強豪と6試合を戦ったという  

 3月半ばまで、雪のため、土の上で練習ができなかった。今月中旬には公式戦の春季地区大会が始まる。「一戦でも多く実戦を積みたい時期。暖かい所で体を動かして試合勘を養いたかった」と狙いを語る

 遠征中、選抜大会観戦のため甲子園に立ち寄った。「あこがれの地を見て、ここでプレーするんだという意識を持ってほしかった」と知人は言う  

 その選抜大会は青森勢にとって鬼門となっている。1987年に八戸工大一がベスト8入りした後、5度出場しているが、すべて初戦敗退が続いている

 あこがれの地の春のスタンドで何を思ったのか。遠征先での思い出の一こまにとどまるのか、夏に再びやって来る輝く舞台にできるのか。それは、選手たちの受け止め方と今後の精進次第。出げいこの実り多きことを祈りたい。

 河北春秋 河北新報 2010年4月1日  創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

|

« いらだちを深める社会の空気、イライラがまん延する世の中・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 「話し合って考える」多文化共生社会を生きるために・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

「河北春秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153341/34125665

この記事へのトラックバック一覧です: 選抜大会は青森勢にとって鬼門「出げいこ」あこがれの地を見て・・・ 河北春秋 八葉蓮華:

« いらだちを深める社会の空気、イライラがまん延する世の中・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 「話し合って考える」多文化共生社会を生きるために・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »