« 自然繁殖への壁、空が再びトキ色に染まる日まで・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | サメ「気仙沼の人々」手間をかけた丁寧な仕事が世界に通じる品質を生む・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

街の本屋さん「リアル書店」日本でも電子書籍市場が一挙に勢いづきそう・・・ 河北春秋 八葉蓮華

 世界中で品薄状態らしい。日本での発売は予定が1カ月延び、今月28日になった。店頭予約受け付けはわずか3日で停止した

 過熱する人気に驚く、米アップルの新型マルチメディア端末「iPad(アイパッド)」である。地元米国では先月の発売初日だけで30万台も売れたというから恐るべし  

 日本でも電子書籍市場が一挙に勢いづきそうだ。京極夏彦さんの新刊小説のiPad版も発売されるという。オンライン書店のシェアが拡大し続ける今、「リアル書店」と呼ばれるようになった街の本屋さんと、そこに並ぶ本の未来図をどう描いたらいいのか

 心配は募るが、作家の出久根達郎さんの「書店浴」という言葉を思い出す。書店を散歩し、書物が発する気を浴びると気分は爽快(そうかい)、新たな力がわくと出久根さんは言う。深くうなずく本好きは多いはずだ  

 仙台市内では本好きの市民と書店、図書館などが連携し、本をテーマにしたイベントが開かれている。市民参加の古本市や講座、書店員ポップ大賞など約40の企画が6月末まで続く

 仕掛け人の一人、古書店主の前野久美子さんが熱く語る。「本は単なる文字データにとどまらない。物としての存在感は大きな力を持ち、多様な使い方の可能性を秘めている」。本でつながる人の輪が東北にも広がり始めている。

 河北春秋 河北新報 2010年5月24日  創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

|

« 自然繁殖への壁、空が再びトキ色に染まる日まで・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | サメ「気仙沼の人々」手間をかけた丁寧な仕事が世界に通じる品質を生む・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

「河北春秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153341/34942825

この記事へのトラックバック一覧です: 街の本屋さん「リアル書店」日本でも電子書籍市場が一挙に勢いづきそう・・・ 河北春秋 八葉蓮華:

« 自然繁殖への壁、空が再びトキ色に染まる日まで・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | サメ「気仙沼の人々」手間をかけた丁寧な仕事が世界に通じる品質を生む・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »