« 将来を見越した科学の知恵「もんじゅ」安全性、経済性に課題がある高速増殖炉・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 「口先ばかりではらわたはなし」政治勘も持ち合わせているのか怪しい・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

日本で最初の公共図書館「青柳文庫」ページを開いた大きな本が立っている・・・ 河北春秋 八葉蓮華

 仙台市青葉区一番町の高層ビル前。歩道の端に、ページを開いた大きな本が立っている。もちろん本物の本ではなく、顕彰碑だ。「青柳文庫跡地」と刻まれている

 藩制時代、ここにあった青柳文庫が日本で最初の公共図書館とされているのをご存じだろうか。仙台藩出身で江戸で財を成した青柳文蔵が、その蔵書と文庫運営の資金を藩に献上し、1831年に創設された  

 文庫は武士、町人の別なく誰にでも公平に開放され、藩は事務方2人を置いて運営に当たったという。実に先見的だ。蔵書は今、宮城県図書館などに受け継がれている

 「少年時代の自分のように、学問への志を抱きながら達成できずにいる人々に読んでほしい」。青柳の人づくりの精神は現代の図書館にも通じるものだ。さて、180年後の図書館はどれほど充実しただろうか  

 「数がまだまだ足りない」「もっと身近な存在に」「どんな小さな町や村にもあるべきだ」。日本の図書館のヒン困を憂える声は少なくない。職員の専門性も求められている。情報技術社会に応じた変革も必要だ

 地域の情報が集まり、人が活発に交流する場のぬくもりも欲しい。地域ごとの個性を生かした図書館が増えていく、そんな将来像を描きたい。きょうは図書館記念日。図書館法の施行からちょうど60年になる。

 河北春秋 河北新報 2010年4月30日  創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

|

« 将来を見越した科学の知恵「もんじゅ」安全性、経済性に課題がある高速増殖炉・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 「口先ばかりではらわたはなし」政治勘も持ち合わせているのか怪しい・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

「河北春秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153341/34543179

この記事へのトラックバック一覧です: 日本で最初の公共図書館「青柳文庫」ページを開いた大きな本が立っている・・・ 河北春秋 八葉蓮華:

« 将来を見越した科学の知恵「もんじゅ」安全性、経済性に課題がある高速増殖炉・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 「口先ばかりではらわたはなし」政治勘も持ち合わせているのか怪しい・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »