« 84歳。昭和の年号と歩を合わせて年を重ね・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 生命の創造「人工生命」現実の世界でもほぼ手の届くところまで・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

決断までの迷走ぶり、自分の言葉を守れず、国民の視線は厳しさを増す・・・ 河北春秋 八葉蓮華

 人生の極意を伝える荘子の言葉がある。「将(おく)らず、逆(むか)えず、応じて蔵せず」。つまり、過ぎたことにとらわれない、取り越し苦労をしない、事が起きたら直ちに対処しいつまでも煩わされない

 政治にも通じようか。初めの二つには、まれな資質を持っているように見える鳩山由紀夫首相。三つ目は持ち前の軽さをもってしても難しいようだ。決断までの迷走ぶり、指導力の乏しさをまた露呈した  

 きのう、沖縄県の米軍普天間飛行場の移設に関する政府方針を示した鳩山さん。日米共同声明に名護市辺野古への移設を盛り込んだことに反発する消費者行政担当相の福島瑞穂さん(社民党党首)を罷免しての発表となった

 苦渋の決断だったのだろう。政府方針の内容、表現で、社民党への配慮を重ねたとみられるが、福島さんを説得できなかった。もっとも自らまいた種なのだから仕方ない  

 混迷の発端となった「最低でも県外」の大見えにも、「辺野古の海を埋め立てることは自然に対する冒(ぼう)とく」発言にも、明らかに反する。沖縄県民の怒りも一層増幅させた

 自分の言葉を守れず、沖縄の人々を傷つけたことを記者会見で謝罪したものの、政治責任を追及する声など、どこ吹く風。とはいえ、国民の視線は厳しさを増す。いかに楽観主義者であっても、煩いは消えまい。

 河北春秋 河北新報 2010年5月29日  創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

|

« 84歳。昭和の年号と歩を合わせて年を重ね・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 生命の創造「人工生命」現実の世界でもほぼ手の届くところまで・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

「河北春秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153341/35042090

この記事へのトラックバック一覧です: 決断までの迷走ぶり、自分の言葉を守れず、国民の視線は厳しさを増す・・・ 河北春秋 八葉蓮華:

« 84歳。昭和の年号と歩を合わせて年を重ね・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 生命の創造「人工生命」現実の世界でもほぼ手の届くところまで・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »