« 手塩にかけた「宝の牛」感染が終息するまで、気が抜けない日々が続く・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 医師の負担軽減「スペシャル医療クラーク」医師は医療に専念する・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

国民に声が届かなくなって「負の遺産」行く手に待つのもいばらの道・・・ 河北春秋 八葉蓮華

 「自分の失敗をかくさず、自分を飾ることなく、ありのままに生きることが出来なくて、なにが新しい人生のスタートか」。平岩弓枝さんの小説『幸福の船』の主人公は、自らをこう奮い立たせる

 過去から目を背け、心を偽って生きても前進はできない。そう気付き、勇気を振り絞って人生を切り開いていく。「負の遺産」を背負って船出することになった新政権に求められるのも、そんな気概か  

 きのう第94代首相に選出された民主党新代表の菅直人さん(63)。第一の課題に国民の信頼回復を掲げた。「政治とカネ」の問題に厳格な姿勢を示し、クリーンな政治を追求すると約束した

 わずか8カ月余りで退陣した鳩山由紀夫さんは、国民に声が届かなくなってしまったことを悔やんだ。政権交代時の期待は失望に変わっている。菅さんの行く手に待つのもいばらの道だろう  

 市民運動の出身ながら政治手法は現実的で柔軟とされる。すぐ怒ることから「イラ菅」のあだ名を持つが、近年は丸くなったとの声も聞かれる。宰相としての資質はどうか

 政界随一の論客と言われる。敵の弱みを見つける能力は抜群とか。自らの弱点も熟知していよう。本格政権樹立への強い思いを語った菅さん。ありのままの自分を生かしたかじ取りができるか、国民は注視している。

 河北春秋 河北新報 2010年6月5日  創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

|

« 手塩にかけた「宝の牛」感染が終息するまで、気が抜けない日々が続く・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 医師の負担軽減「スペシャル医療クラーク」医師は医療に専念する・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

「河北春秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153341/35191349

この記事へのトラックバック一覧です: 国民に声が届かなくなって「負の遺産」行く手に待つのもいばらの道・・・ 河北春秋 八葉蓮華:

« 手塩にかけた「宝の牛」感染が終息するまで、気が抜けない日々が続く・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 医師の負担軽減「スペシャル医療クラーク」医師は医療に専念する・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »