« 政権交代後、初めて示す国政への〝通信簿〟1票を無にしてはもったいない・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 7回連続60%を下回る投票率「政党化」良識の府と呼ばれる参院の存在意義・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

遺伝子組み換え作物による「遺伝子汚染」の深刻さ・・・ 河北春秋 八葉蓮華

 コップの水にインクをたらすと色は薄まっていくが、決して透明には戻らない―。スイスのある生態学者は、遺伝子組み換え作物による「遺伝子汚染」の深刻さをこう説明した

 組み換え作物の多くは除草剤を使っても枯れないように、または害虫がつかないようにするため作られた。主な生産国は米国やカナダ、アルゼンチン、中国など。見た目は普通の作物でも全く新しい生物だ  

 通常の作物や雑草と交雑すれば遺伝子汚染が進む。欧州などでは汚染を警戒し栽培を避ける国が多い。日本でも大豆などを輸入しているが、商業栽培はされていない。それにもかかわらず、汚染が広がっていた

 問題となったのは遺伝子組み換え菜種。カナダなどから搾油用の種子が年間約200万トン輸入されている。陸揚げや搬送の途中に種子がこぼれ落ち、港や周辺の道路上で自生し始めたのが発端らしい  

 環境省が昨年、三重県で在来種の菜種と交雑していることを確認。近くで今度は、アブラナ科の雑草イヌガラシと交雑してできたとみられる植物が、市民団体の調査で見つかった

 野生植物との交雑が確認されれば国内で初。たかが雑草などとは言わないでほしい。さらに広がれば生態系への影響は避けられない。後戻りが効かない問題。実態解明を急がなくてはならない。

 河北春秋 河北新報 2010年7月11日  創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

|

« 政権交代後、初めて示す国政への〝通信簿〟1票を無にしてはもったいない・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 7回連続60%を下回る投票率「政党化」良識の府と呼ばれる参院の存在意義・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

「河北春秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153341/35777756

この記事へのトラックバック一覧です: 遺伝子組み換え作物による「遺伝子汚染」の深刻さ・・・ 河北春秋 八葉蓮華:

« 政権交代後、初めて示す国政への〝通信簿〟1票を無にしてはもったいない・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 7回連続60%を下回る投票率「政党化」良識の府と呼ばれる参院の存在意義・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »