« 「チーム一丸」世界に誇る結束力で、夢に向かって・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 大相撲の未来は危うい。信頼を回復するには世間の常識が通用する組織に・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

近代史がどんどん遠ざかり、語り草に変わっていく、伝説をもう一度・・・ 河北春秋 八葉蓮華

 「歴史とは、大きな世界です。かつて存在した何億という人生がそこにつめこまれている」。司馬遼太郎さんは自らの歴史観の一端をそんなふうに言っている

 近代史がどんどん遠ざかり、明治の人々や出来事は語り草に変わっていく。伝説をもう一度、平成の表舞台に取り戻そうという試みが一方にある。気仙沼市の金塊の話もそうだ  

 1904(明治37)年、同市の鹿折金山で見つかった重さ2・25キロ、金含有率83%の鉱石。米国での万国博に出品され、耳目を集めた。おかげで日露戦争の戦費調達に苦心していた時の政府は、外債募集を有利に進められた

 戦運をたぐり寄せた「怪物金」として地元では有名な話。そのエピソードの一部が小説『坂の上の雲』に書かれ、気仙沼の金は司馬文学とともに命を永らえてきた  

 昨年来、話題を集めるNHKドラマの『坂の上の雲』。12月の第2部放映と絡めて金塊の秘史をPRできないか。市長がまちのトップセールスに動きだした。軌を一に、民間の金山跡保存会も老朽化した資料館の建て替え計画を具体化させている

 草深い林道の奥には坑道口が今も残る。金鉱は絶えたが、新たな地域史の掘削地となり別の鉱脈にぶつかるかもしれない。過去の遺産を守る人々の色あせぬ思いは、黄金のまばゆい輝きにも勝る。

 河北春秋 河北新報 2010年6月27日  創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

|

« 「チーム一丸」世界に誇る結束力で、夢に向かって・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 大相撲の未来は危うい。信頼を回復するには世間の常識が通用する組織に・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

「河北春秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153341/35615976

この記事へのトラックバック一覧です: 近代史がどんどん遠ざかり、語り草に変わっていく、伝説をもう一度・・・ 河北春秋 八葉蓮華:

« 「チーム一丸」世界に誇る結束力で、夢に向かって・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 大相撲の未来は危うい。信頼を回復するには世間の常識が通用する組織に・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »