« 油断大敵「ガス欠」高速道もガソリンスタンドの数が減り、営業時間が短くなる傾向・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 「甲子園には魔物がすんでいます」想像もつかないプレーを生み、劇的な結末をもたらす・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

夏野菜の代表格「なす」暑さ対策に食卓で活用したい・・・ 河北春秋 八葉蓮華

 炎天下、通り掛かった菜園のなす紺がまぶしい。つややかなナスの実の生気に、飯田蛇笏の句が浮かんだ。<採る茄子(なす)の手籠(かご)にきゆァとなきにけり>

 ナスはインド原産で元来、高温多湿を好む植物なのだという。日本には7~8世紀に伝わったとされる古い野菜だ。「夏の実」が転じて「なすび」。それが名前の由来との説もある。まさに夏野菜の代表格  

 地域性が強く、個性多彩な野菜でもある。世界を見渡せば白、緑、黄色、オレンジ、しま模様…とカラフルで形もさまざまだ。東北にも仙台長、民田、窪田、会津丸など土地が育てた在来種が多く、地方色が近ごろ見直されてもいる

 昔からナスは高血圧やのぼせ性にいいと言われている。体を冷やす作用があるからだそうだ。自然の恵みで身の内から冷やせるなら、  

 食べ物には旬に食べるからこそ発揮される力がある。身近な土地で採れた食べ物は体の健康とつながっている。荒々しい猛暑にへきえきする夏だけに、「身土不二」の考え方にうなずかされる

 時には目先を変えた料理もいい。世界一のナス好きを自任する中東諸国では焼きナスをつぶしてヨーグルトなどを混ぜ、ペーストにして食べるのだとか。エッセイスト玉村豊男さんの著書に教えられて、試してみたくなった。

 河北春秋 河北新報 2010年8月13日  創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

|

« 油断大敵「ガス欠」高速道もガソリンスタンドの数が減り、営業時間が短くなる傾向・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 「甲子園には魔物がすんでいます」想像もつかないプレーを生み、劇的な結末をもたらす・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

「河北春秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153341/36215531

この記事へのトラックバック一覧です: 夏野菜の代表格「なす」暑さ対策に食卓で活用したい・・・ 河北春秋 八葉蓮華:

« 油断大敵「ガス欠」高速道もガソリンスタンドの数が減り、営業時間が短くなる傾向・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 「甲子園には魔物がすんでいます」想像もつかないプレーを生み、劇的な結末をもたらす・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »