« 4年ぶりの最下位。結果を伴わなければ・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 読書の楽しみ方「自炊」本や雑誌を電子書籍化・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

「食べることは食材の命を頂くこと」野菜も人も透明がいい・・・ 河北春秋 八葉蓮華

 青菜をゆがく時、心に浮かぶフレーズがある。「野菜も人も透明がいい」。弘前市の岩木山のふもとに安らぎの家「森のイスキア」を開設する佐藤初女さん(89)の言葉だ

 悩みを抱える人を迎え入れ、手料理を共に食べ、苦しみにひたすら耳を傾ける。そんな活動を続けて30年近く。「食べることは食材の命を頂くこと」という信念から発したつぶやきだ  

 野菜の緑が湯の中で美しさを増し、茎が透き通って見える瞬間がある。この一瞬を見逃さずに火を止めること。透明になる時が、野菜の命をわたしたちの命に移し替えるころ合いなのだという

 生きる力をくれる野菜たちが、異常気象に翻弄(ほんろう)されている。この夏の猛暑による生育不良や品質劣化の影響が今月半ばまで尾を引いた。ひところは平年の4~8割高という値上がりに驚かされた  

 春にも天候不順で高騰したことを思い出す。キャベツやネギは2倍以上に跳ね上がった。初夏のころも低温や日照不足で品薄状態が続いた。今年は野菜受難がとりわけ深刻だ。自然の営みが自然に巡ることのありがたさを思い知る

 自然の恵みに感謝して暮らす初女さんの教えがまた浮かんだ。「限られた食材でも工夫次第。その命を生かそうと思えば慈しむように丁寧に調理するでしょ。すると絶対おいしくなるんですよ」

 河北春秋 河北新報 2010年10月19日  創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

|

« 4年ぶりの最下位。結果を伴わなければ・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 読書の楽しみ方「自炊」本や雑誌を電子書籍化・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »

「河北春秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153341/37337556

この記事へのトラックバック一覧です: 「食べることは食材の命を頂くこと」野菜も人も透明がいい・・・ 河北春秋 八葉蓮華:

« 4年ぶりの最下位。結果を伴わなければ・・・ 河北春秋 八葉蓮華 | トップページ | 読書の楽しみ方「自炊」本や雑誌を電子書籍化・・・ 河北春秋 八葉蓮華 »